Skip to content

立札をつける

ビジネス関係で胡蝶蘭をお祝いとして贈る場合は、立て札をつけて贈るのがマナーです。この立て札には、お祝いの言葉と贈り主の名前を書きます。また、お祝いの言葉の一例として、「開業御祝」「祝御開店」などもあります。立て札は、お願いすれば胡蝶蘭を取り扱っている花店で用意してくれますので相談してみてください。
胡蝶蘭

ビジネス関係でお祝いとして胡蝶蘭を選ぶ場合、本数は3本か5本を選ぶ方が多いです。ホワイトを選ぶ方が多いですので、同じようにホワイトを選んでも良いですし、あえてカラーにこだわりを持って明るいカラーを用意するのも良いかもしれません。

また、誕生日や父の日母の日、敬老の日などに胡蝶蘭を贈る場合は、受け取る方が好きな色を選んだり可愛らしいものを選んだりするのも良いでしょう。胡蝶蘭はお花のお世話も面倒ではありませんし長く2か月以上咲き続けることができますので、多くの方に喜ばれることでしょう。1本のものや2本のものなどもお誕生日のお祝いには良いでしょう。数千円で購入できる可愛らしいお手頃のものもあります。ホワイトの他にも、ピンクやイエローなどもありますし、置き場所の困らない小ぶりなものもありますので、是非検討してみてください。

関連HP>>>胡蝶蘭 お祝い
胡蝶蘭専門店のホームページです。