Skip to content

カテゴリー: 未分類

立札をつける

ビジネス関係で胡蝶蘭をお祝いとして贈る場合は、立て札をつけて贈るのがマナーです。この立て札には、お祝いの言葉と贈り主の名前を書きます。また、お祝いの言葉の一例として、「開業御祝」「祝御開店」などもあります。立て札は、お願いすれば胡蝶蘭を取り扱っている花店で用意してくれますので相談してみてください。
胡蝶蘭

ビジネス関係でお祝いとして胡蝶蘭を選ぶ場合、本数は3本か5本を選ぶ方が多いです。ホワイトを選ぶ方が多いですので、同じようにホワイトを選んでも良いですし、あえてカラーにこだわりを持って明るいカラーを用意するのも良いかもしれません。

また、誕生日や父の日母の日、敬老の日などに胡蝶蘭を贈る場合は、受け取る方が好きな色を選んだり可愛らしいものを選んだりするのも良いでしょう。胡蝶蘭はお花のお世話も面倒ではありませんし長く2か月以上咲き続けることができますので、多くの方に喜ばれることでしょう。1本のものや2本のものなどもお誕生日のお祝いには良いでしょう。数千円で購入できる可愛らしいお手頃のものもあります。ホワイトの他にも、ピンクやイエローなどもありますし、置き場所の困らない小ぶりなものもありますので、是非検討してみてください。

関連HP>>>胡蝶蘭 お祝い
胡蝶蘭専門店のホームページです。

開業開店に祝いに贈りたい

大切な方が新しくお店をオープンさせる時やクリニックを開業する場合、会社を立ち上げるときなどは、何かお祝いを贈りたいと思う方も多いでしょう。こういった場合も、胡蝶蘭を選ぶ方がたくさんいます。胡蝶蘭が開業やお店のオープンに贈り物として選ばれている理由は、見た目の美しさはもちろんですが、とても素敵な花言葉があることも挙げられます。胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」とか、「幸せが飛んでくる」といったとても素敵な花言葉があります。

また、切り花ではなく鉢植えとして売られていることから、そこに根付くといった意味もあり、これから末永くお店や会社を続けて行きたい方にぴったりだと言えるのです。

開業祝いや開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、ある程度しっかりとしたものを選ぶのがおすすめです。胡蝶蘭をお祝いとして贈る方がめずらしくありませんので、あまり質素なものを選んでしまうと、どうしても比較されてしまいます。金額で言えば、20000円~50000円くらいだと思っていると良いでしょう。

どのような関係の方に贈るものなのかによっても、おすすめしたい相場も異なってきます。胡蝶蘭はいろいろなカラーがあります。どれも素敵な花言葉がありますが、迷うようなときはホワイトを選んでも良いかもしれません。

お祝いに胡蝶蘭を贈る

大切な方の特別な場面には、何か心のこもったものを贈りたいと思う方も多いのではないでしょうか。例えば、新しくお店を始める方だったり、クリニックを開業する方だったり、会社を立ち上げた方などには、是非とも頑張って頂きたいとの思いを込めて美しい胡蝶蘭を贈って差し上げるのもおすすめです。こういったお祝いの場面で胡蝶蘭をおすすめしたい理由はたくさんあります。

胡蝶蘭の花
一つは、その美しさと豪華さがあります。他にも綺麗なお花がたくさんありますが、胡蝶蘭は独特の姿をした花。やはり特別感があります。また、お花をもらってもお手入れが面倒だと思う方も実は多いのですが、胡蝶蘭の場合はお花のお世話もほとんど必要ありません。しかも長く咲き続けてくれますので、お花を長期間楽しむことができます。

また、胡蝶蘭は花粉もほとんどありませんし、香りもあまりありませんから、多くの方に安心して受け取ってもらえるお花だと言えます。飲食店をオープンさせる方にお花を贈りたいとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、このように花粉も香りも心配のないお花はぴったりです。もちろん、飲食店以外の会社にも安心です。

また、お誕生日や母の日父の日などに贈るのもおすすめです。冬の季節は草木やお花も少なくなりどことなく寂しく感じられるものですが、家に帰ると誕生日にもらった綺麗な胡蝶蘭があると思うだけでもワクワクしてくるかもしれません。カラーもいろいろありますので、検討してみてはいかがでしょうか。当サイトでは、胡蝶蘭について紹介します。